南スカンジナビアの旅⑩ Odense → Middelfart → Hamburg

 朝から雷。後はドイツへ帰るだけ。ホテルを出た後、アンデルセン博物館へ。昨晩アンデルセンの生家は外観だけ見たし、展示は見ずにお土産でも買おうとミュージアムショップへ行った。アンデルセンは切り絵も上手だったそうで、彼の話にまつわる現代の切り絵作家のモビールなどを販売している。切り絵50DKKを2つと人魚姫の缶に入ったデンマーククッキーを購入。その間に雷と豪雨が激しくなり足止めをくらう。

 雨が少し弱まってから宛てもなくオデンゼー郊外をドライブ。フィヨルドまで行けるかなと北へ。不自然な丘がいくつか現れる。ドイツにもあるゴミ捨て場と思われる。雑草に覆われて公園になっているけれど、地形上ありえない場所。頂上へ登れば海を見渡せる事を期待してせっせと登る。いざ頂上へ到着すると、隣に同様の山があって海は見えない。隣の頂上まで行く気になれず、帰路へつく。

 フュン島から半島へ渡るには橋を渡るが、ここには高速道路の橋と古い橋があり、途中で高速を下りて田舎道をきままに走る。自転車の観光コース70番を走っているらしく、川とフィヨルドがいくつもの入江を作っていて、畑の広がるのどかな風景。どこを走っているのかわからないままに、ナビに従う。

f:id:kJane:20171103024203j:image

 到着したのは古い橋と新しい橋を眺められるスポット。念願のソフトクリームとホットドッグを食べて、小さな海峡を眺める。たくさんのクラゲが流れて行く。流れが速そう。右に高速の播、左に古い橋。パノラマビュー!古い橋は近代建築でも、幅が狭く、トラックは無理そう。さようなら、デンマーク。はじめの北デンマークではなんでも高く感じたのに、ノルウェーとスウェーデンを通って再びデンマークへ来たら、物価の高さが気にならなくなっていた。

南スカンジナビアの旅⑨ Malmö → Copenhagen → Odense

 マルメを出てオーレスン橋を渡ってコペンハーゲンへ。通行料金が410 DKKと高いけれど、渡ってみたかった。クレジットカードで支払い。橋の部分は7.85km、 途中の人工島が4km、そこからトンネルへ入り4kmでデンマーク側へ出る。

 f:id:kJane:20170730062113j:image

 f:id:kJane:20170730062209j:image

 f:id:kJane:20170730062229j:image

 お天気が悪くて残念。天然の島サルトホルムが破壊されずに美しい緑を保っている。

 コペンハーゲンに到着。旧証券取引場、クリスティアンスボー城の近くに駐車。デンマークの国旗🇩🇰の他に白地に青と赤の十字が入ったフェロー諸島の旗がたくさんはためいている。今日7月29日は聖オラフの日でフェロー諸島のお祭りなんですって。フェローはデンマーク領だったのね。フェローには世界一美味しいレストランがあるという噂で、島好きの私は一度行ってみたい。

 f:id:kJane:20170730081620j:image

  ニューハウンの人混みに入っていくと、オレンジ色のものが窓いっぱいに詰め込まれた建物が現れる。

 f:id:kJane:20170730065225j:image

  近づいて、それが何かわかった時点で心が締め付けられる、強烈なインパクト。中国のAI WAI WAIの作品で、ギリシャのレスボス島から難民の救命胴衣を持ってきたもの。彼の活動について記事を見たことはあったけど、目にすると一つ一つの救命胴衣がそれぞれの人の命の物語を投げかけてくる。10月1日までの展示だそう。今回の旅行中、ドイツ同様、難民と思われる人々を見かけた。難民と移民は全く違う。私自身は移民で欧州に来たくて来た人。難民は人間として生き延びるために来た人。昨日ハンブルグで精神を病んだ難民によってスーパーマーケットで殺傷事件が起きてしまった。生きるために逃げて来た人々の辛さや苦しみ、生き延びたのに違う世界に馴染めない苦悩、受け入れる側の戸惑い、作品からはいろんな問題を突きつけられた。

  そこから欧州3大がっかりの一つ、人魚の像を見に行った。ポストカードはいい写真なんだけどね。これが現実。

 f:id:kJane:20170730082506j:image

 雨足が強まって、びしょ濡れになってしまった。ゲフィオンの噴水が迫力あって素晴らしいと同時に、自分も泉に入ったようにびしょ濡れで一体感が...。

  市庁舎まで歩く途中、やっとデニッシュ発見。

 f:id:kJane:20170730072758j:image

  雨が上がり、気分が良くなったところで、オーデンセへ向かう。コペンハーゲンのあるシェラン島からフュン島へグレートベルト橋を渡る。こちらはトンネルに入らず、約14Kmが水の上となり、見晴らし最高!横を電車が走ったり、途中の島には灯台があり、通行料金も今日の1本目より安く、240 DKK。

 f:id:kJane:20170730073755j:image

 休暇最後の夕食は豪華に羊か牛のシチューを食べる予定だったけど、特に宛もない。羊のシチューを探し当てる前に空腹に負けて、良さそうな店へ突入。デンマークプレートと地元のビール。

 f:id:kJane:20170730074243j:imagef:id:kJane:20170730074541j:image

 芥子の実入りバターとスモーククリームチーズが珍しい。オリーブとぶどうはデンマークじゃないけど。道中に出会った子牛の皆さんが美味しそうでしたから、仔牛のカツレツも。

 今日は北の空がムンクの叫びの空のように燃えていた。写真で表現難しいね。雨雲が赤とグレーの縞になってたのに、写真では見えない。

 f:id:kJane:20170730074734j:image

 

南スカンジナビアの旅⑧ Marstrand → Malmö

 今回の旅で一番のお天気。朝起きたら青空が広がっていた♡ 今までずっとお昼までぐだぐだしてたけど、今日はすぐにでも出かけたい!朝食後すぐに要塞の見学へ。歴史は興味深いけど、牢屋に首吊り台、気の流れとしてはよくない場所。大砲、吊り橋、映画のセットのようでも、ぜーんぶ本物。塔の頂上で風を受け、お祓い気分。素晴らしいパノラマが広がる。 

f:id:kJane:20170729070931j:imagef:id:kJane:20170729071016j:image

  お楽しみの島周遊ウォーキングへ。f:id:kJane:20170729072255j:imagef:id:kJane:20170729072427j:image

 もう帰りたくない!風も水も冷たいけど、太陽いっぱい!私の理想の休息地。もう、暑い地中海への思慕は卒業して、北国で太陽のありがたみを感じながら、平和で穏やかに歳をとりたい。1人、あるいは女子のみでくるのもいいな。木の壁で覆った女性だけのヌードビーチもあったし。

f:id:kJane:20170729071839j:imagef:id:kJane:20170729071842j:image

 さようなら、Marstrand。次回は1週間くらいシーカヤックに来るね。また逢う日まで。

 次の目的地マルメへ向かう前に、Göteborgへ。途中ローカルの道をゆっくり走っていたら、勢い余ってフェリーに乗船?!矢切の渡しのようなフェリーが普通の交通手段の場所だった。載ったタイミング良すぎて何が起きたのかよくわからなかった。

 f:id:kJane:20170729073550j:imagef:id:kJane:20170729073640j:image

 Göteborgは思ったより大きい上に、道がわかりにくくて、駅の近くの公園脇に停車。車を降りたら、電話しながら号泣して嗚咽している若者がいて、車の横ではおばさんが座って物乞いを始めて、負のパワーを感じてすぐにマルメへと逃げることに。

 マルメへ近づくと、海の向こうにデンマークが見える。明日はあちら側へ行くのよねと、目を凝らす。

今日の夕食は地元で人気のヒップなBar&Restaurant "Bastard"。運良く入れたけれど、席がなくて多くの人が断念していた。気取った人もいれば、お洒落なかわいいお年を召したカップルまで。店員がピュアで親切。

  f:id:kJane:20170729074820j:imagef:id:kJane:20170729075606j:image

 店のオリジナルビールと2人用のチキンパイを注文。オリジナルビールはオスロで飲んだ地ビールと似ていて花のような香り。

 夕食の後はビーチへ夕日を見に急ぐ。歩き出したら結構遠い。夕日が沈んでしまうと心配しながらも、間に合った!f:id:kJane:20170729074550j:image

南スカンジナビアの旅⑦ Oslo → Marstrand

オスロにさよならする前に、ムンクの叫びの坂へ。舞台となった坂は2箇所想定されているけれど、有名な方エーケンベルグ地区へ。坂にはこんなプレートが。

f:id:kJane:20170728045658j:image

 f:id:kJane:20170728045726j:image

  そのまま高速へ向かい、スウェーデンへ南下。憧れのマーストランドへ。比較的なだらかな高速道路。休憩に立ち寄ったパーキングを少し上がると、バーベキューもできちゃうくらい広いサークルがあって、その先には木製の展望橋がある。車を降りると針葉樹のいい香り。展望台に先まで行くと、何やら看板が。どうやらこののどかな美しい景色と裏腹に、大北方戦争における重要な戦いのあった場所だそう。

f:id:kJane:20170728050604j:image

 ここはノルウェーとスウェーデンの国境を超えたスェーデン側のフィヨルドで、スカゲラック海峡の奥深い入り江。今ではキャンプ場とゴルフ場があり、こんなところで激しい戦いが繰り広げられたなんて、とても想像がつかない。

 憧れのマーストランドへ到着するやいなや、雨が降り出し気分はダウン。今日到着したら、5キロの島周遊ウォーキングを楽しみにしてたのに。ヨーテボリの北にあるヨットパラダイス。美しい島々、美しい家。作り物のような島の上に要塞がデーンと構えている。

 今日の宿泊はマーストランドの要塞ホテル。歴史上重要な要塞で、先ほど話題に出した大北方戦争の同じデンマークの船長により攻撃を受け乗っ取られたらしい。私の部屋は4号棟。入り口は少しカビ臭く、廊下には軍隊の制服、ヘルメットなどがたくさん並び、夜1人でトイレに行けない感じ。ちょっとたじろいだ。

部屋は特に地下倉庫のような匂いもなく清潔。軍人仕様でベッドは5個。シーツは用意されているが自分でセットしなければならない。ユースホステル風。専用トイレとシャワーが付いているけれど、部屋の外。今晩眠れるだろうか。。。

  夕食はマーストランドで人気のカジュアルレストラン「Arnell Pa Kajen」でヨットハーバーを望みながら外の席で。f:id:kJane:20170728060930j:image

 常連客の方々がとても親切で、私達の座った席は島1番の席だよって。ありがたいな。皆さん、日に焼けていい色。スノッブな雰囲気なのに親切。店の生演奏も始まり、気持ち良い夕べだった。

南スカンジナビアの旅⑥

 1日だけのオスロ観光。宿泊しているトイエン地区から歩いてムンク美術館へ。f:id:kJane:20170727044340j:image

 ムンクについては「叫び」と「マドンナ」しか知らないんだけど、両方ともここにはない。彼の描く太陽がとても美しいのね。あの太陽だけ欲しいな。カフェでお茶した後は、隣の植物園を抜けて、トレンディなGrünerløkka地区へ。Sofienbergparkを通って、小洒落たカフェ、雑貨屋さん、服屋さんを横目に、目指すはMathallen Oslo。緑の多い川沿いを歩いて橋を渡ると、そこはバルカン地区。フードホールだけでなく、新開発地区一帯がよくできている。お腹が空いていなくて、食いしん坊バンザイはできなかったけど、どのお店も美味しそう!川沿いの窓際の席が素敵で、牡蠣とシャンパンを少しだけ、、、と5分くらい悩む。今日はまだ行きたいところがたくさん。今飲んでしまうと動けなくなる。ここに来るのは1日の最後にすべきだった。

f:id:kJane:20170727050651j:image 

  街の中心地へ行こうとBrenneriveienという道へ入ると、不気味な壁画が。

f:id:kJane:20170727051636j:image

  恐る恐る進むと、そこはアングラな雰囲気のナイトクラブ、ライブハウスが集まっていて、夜はエキサイティングな場所。ここも、夜来るべきところだったな。夏の夜には最高よ、きっと。

 f:id:kJane:20170727052257j:image

  普通の観光をすべく、港へ向かう。途中、Torgattaの広場でたこ焼き屋台を発見!お腹は空いてないけど、目が欲しがってしまって、フラフラと近寄る。

 f:id:kJane:20170727052817j:image

 値段を見て円に換算すると、え?たこ焼き1000円を超える!みなさん美味しそうに食べてるんですけど、ごめんなさい。私はたこ焼きに1000円は出せません。秋に日本へ帰ったら3倍の量を食べます。

  オスロ大聖堂、カールヨハネス通りを進みグランドホテルまで来て、王宮が見えて来たところでストップ。この通りはもう十分な気がして、国会前から市庁舎へ。大変かっちりどっしりした建物で、レゴブロックで作れそうなデザイン。労働者へのリスペクトを感じる彫刻や絵画が気に入った。入り口には北欧の伝説にある巨人の話をモチーフにしたレリーフが並ぶ。

 f:id:kJane:20170727054018j:image

 アーケシュフース城へと登り、昨日入港した港を見渡す。海、島、入江。好きだなあ。ワクワクする。そして氷山の一角のようなオペラ座へ。冷たいデザインの建物の中は木の薫る暖かいデザイン。

 f:id:kJane:20170727054647j:image

パーテーションがいかにもスカンジデザインで美しい。

 f:id:kJane:20170727054756j:image

 一日中歩いて疲れたけれど、この際ホテルへの帰路も歩くことに。中央駅の裏手からホテルにかけては移民街。女性の夜の一人歩きは勧めないけれど、大都市の移民街は大切な都市の歴史の一部だと思う。エキゾチックで安い食堂や新鮮な野菜や果物、モスルや寺。移民を受け入れるってことは、それぞれの文化を尊重しながらも、国の規則には従ってもらうことが大切。難しいけれど、安全で平和な多文化の街づくりにこれからも取り組んで欲しい。宿泊場所のトイエン地区は移民だけでなく、工場や倉庫の跡地をアパートホテルにしてツーリスト誘致も成功しているし、調和のとれた良いモデル地区だと思う。トイエン駅の駅前商店街は70年代に作られたと思われる集合住宅で、今はカフェ、バー、図書館、トルコの野菜屋さんが賑わっていて、移民、地元民、ツーリストの交わる日常がそこにある。全くもってお洒落じゃないんだけど、子供も大人もみんな親切で平和な感じが微笑ましい。そこにあるカフェ「Nord&Natt」で軽い夕食。ムール貝とバジル入りのスープに地元精肉屋のチリソーセージとハーブソーセージ。ビールは2杯で合計503NKK。日本円で換算しちゃうと、全て躊躇してしまう。物価が2倍近く高いのが普通と思わないと何も買えなくなる。この店は安い店ではないけど、普通に小洒落たお店。綺麗な盛り付けとお味に満足。

 f:id:kJane:20170727061935j:image

 Grünerløkkaの地ビールでToyensommerを注文。花のような香りで、華やかな美味しさだった。

 

 

 

南スカンジナビアの旅⑤

 今日は今回のハイライト、フェリーでオスロへ。8時頃フェリーターミナルでチェックイン。フェリー慣れした年配のご夫婦が多く、乗船の待ち時間に車で用意したコーヒーや、クーラーボックスからハムやチーズを取り出して朝食をとっている。私たちも用意したサンドイッチをいただく。9時に乗船開始。9時間の船旅はじまりはじまり。

f:id:kJane:20170726053012j:image

 シービューのキャビンを予約しておいたので、早速キャビンへ。サイトで見た写真より、かなり年期が入っていてがっかり。フェリーのキャビンは初めてで、豪華客船ではないのだから十分と自分を納得させる。実際、昼寝以外はほとんどデッキにいて使用していないし、33ユーロで昼寝場所を確保できただけで満足。

 Frederikshavnを出た後はデンマークの東海岸沿いに北上。風が強くとも、嬉しくて2時間近くデッキに立っていた。おととい訪れたSkagenをすぎると見える陸地がなくなり、キャビンで昼寝。13:30に目覚めて、残りのサンドイッチを昼食にする。13時のビンゴに参加したかったけど、昼寝が気持ち良すぎてパス。

  最上階の甲板で日向ぼっこ。東側にスウェーデンの西海岸が連なり、やがて西にノルウェーの陸地が見えて来た。それからは右にスウェーデン、左にノルウェー。飽くことなく両サイドに目を凝らす。16:00にキャビンの清掃が入るので荷物を整えて、その頃には両サイドの陸が近くなって来た。

  f:id:kJane:20170726055053j:imagef:id:kJane:20170726055114j:image

 オスロフィヨルド、なんて素敵なの!両岸の小さな港、家々、すれ違うクルーザーやヨット。大小の島々に入江。どれもこれも美しい。技術不足で写真で綺麗に残せないのが残念。船でオスロ入りして本当に良かった!

 比較的狭いところを抜けたら、バーンと大きな都市。それがオスロ。左にはスキージャンプ台で有名なホルメンコレンのお山が彼方に。f:id:kJane:20170726060146j:image

 右側は島の岩場で日光浴を楽しむ人々にヨットハーバー。

f:id:kJane:20170726060242j:imagef:id:kJane:20170726060416j:image 

 はじめまして、オスロ!

f:id:kJane:20170726060433j:imagef:id:kJane:20170726060440j:image

f:id:kJane:20170726060504j:image

 太陽が暖かく迎えてくれて、嬉しかった。港の海水浴場では数人が飛び込みして泳いでいて、勝手ながら大歓迎を受けた気分。

 

 

  

 

南スカンジナビアの旅④

 今日もお天気は優れず、昼までのんびり。お天気に恵まれない割に、気温はそんなに低くない。スコットランドやアイルランドでは朝晩ジャケットを必要としたけれど、今の所コットンカーディガンで足りている。

 街のパン屋さんに行ったが、やはり私の望むデニッシュはない。私の定義するデニッシュは和製、あるいは特定地域のものなのかもしれない。シナモンロールと他にもスイーツを購入。甘すぎてこんなに食べきれない。f:id:kJane:20170725033446j:image

 雨が上がった隙にBangsbo博物館のある公園へ。博物館は見ずに植物園や鹿の森を散策。植物園ではアオサギがゆったりと立っていて、人が近づいても焦ることなく優雅に飛んで行く。10頭を超える鹿の群れが、人間の子供が近づくのを警戒しながらも草原で食事。途中、人が増えてイライラしたのか、みんなで走り去ってしまった。大量の大きなナメクジさえいなければ、森はロードオブザリング風でもっと楽しめたんだけどな。

  今日の夕食はデンマーク国産牛のサーロインステーキ。お味はまあまあだけど大味。肉が荒い。スコットランド産ステーキの時と同様、味は決してワイルドではなく、荒いのは食感かな。固いわけじゃなく「荒い」んです。

f:id:kJane:20170725033518j:image

  スーパーで見つけた黒パンチップス。私は美味しいと思うけれど、癖があるので賛否両論となりそう。お土産には向かないな。

f:id:kJane:20170725034343j:image