南スカンジナビアの旅②

 日本でデニッシュと呼ばれるパンを探しに街へ出たものの、これ!といったパンは見つからずじまい。シナモンロールやクロワッサンはあったのに、私がデニッシュと定義するパンは見つからなかった。

 今日は「2takt」というブラッスリーでランチ。Fiske platte 129DKK 魚プレート。

f:id:kJane:20170723053824j:image

 白身のフライ、魚バーグ、小海老とうずらの卵のアボカドソース添え、茹で鮭のサラダに自家製パンが3種。鮭は塩辛かったけれど、パンにのせて食べるとちょうどいい。パンに添えられたバターが絶品!さすが酪農王国。この店はディーゼル工場跡地をリノベーションしたもので、店員も店の雰囲気もスタイルはあるけど飾らない感じでとても気に入った。

 アパートの裏山頂上に砲台とレーダーが見えたので、車で上がってみた。そこはBangsbo Fort バングスボー要塞。羊が草を食むのどかな丘陵のあちこちにBunkerがあり(多いときは70個もあったらしい)、そこからはFrederikshavnを一望できる。素晴らしい眺めと自然の中に要塞跡が異様な雰囲気を醸し出している。f:id:kJane:20170723052126j:imagef:id:kJane:20170723052132j:imagef:id:kJane:20170723052247j:image

 昼寝の後は、人工的に植えた椰子の木が並ぶ、Palmestrandenへ。とても浅いビーチで子供が遊ぶにはもってこい。海へ入ってみたところ、かなり沖へ向かって歩いても水は膝の高さ。f:id:kJane:20170723054202j:image

 少し足を伸ばして、Strandbyのマリーナへ。ヨットだけでなく、小さな現役漁船が並ぶ。海老採り漁船のようだ。海老が街の自慢であることはオブジェから理解した。

f:id:kJane:20170723054242j:imagef:id:kJane:20170723053250j:image

かなり大きい・・・。バルタン星人よりずっと強そう。

ゆっくりながらも、盛りだくさんの1日だった。