南スカンジナビアの旅⑦ Oslo → Marstrand

オスロにさよならする前に、ムンクの叫びの坂へ。舞台となった坂は2箇所想定されているけれど、有名な方エーケンベルグ地区へ。坂にはこんなプレートが。

f:id:kJane:20170728045658j:image

 f:id:kJane:20170728045726j:image

  そのまま高速へ向かい、スウェーデンへ南下。憧れのマーストランドへ。比較的なだらかな高速道路。休憩に立ち寄ったパーキングを少し上がると、バーベキューもできちゃうくらい広いサークルがあって、その先には木製の展望橋がある。車を降りると針葉樹のいい香り。展望台に先まで行くと、何やら看板が。どうやらこののどかな美しい景色と裏腹に、大北方戦争における重要な戦いのあった場所だそう。

f:id:kJane:20170728050604j:image

 ここはノルウェーとスウェーデンの国境を超えたスェーデン側のフィヨルドで、スカゲラック海峡の奥深い入り江。今ではキャンプ場とゴルフ場があり、こんなところで激しい戦いが繰り広げられたなんて、とても想像がつかない。

 憧れのマーストランドへ到着するやいなや、雨が降り出し気分はダウン。今日到着したら、5キロの島周遊ウォーキングを楽しみにしてたのに。ヨーテボリの北にあるヨットパラダイス。美しい島々、美しい家。作り物のような島の上に要塞がデーンと構えている。

 今日の宿泊はマーストランドの要塞ホテル。歴史上重要な要塞で、先ほど話題に出した大北方戦争の同じデンマークの船長により攻撃を受け乗っ取られたらしい。私の部屋は4号棟。入り口は少しカビ臭く、廊下には軍隊の制服、ヘルメットなどがたくさん並び、夜1人でトイレに行けない感じ。ちょっとたじろいだ。

部屋は特に地下倉庫のような匂いもなく清潔。軍人仕様でベッドは5個。シーツは用意されているが自分でセットしなければならない。ユースホステル風。専用トイレとシャワーが付いているけれど、部屋の外。今晩眠れるだろうか。。。

  夕食はマーストランドで人気のカジュアルレストラン「Arnell Pa Kajen」でヨットハーバーを望みながら外の席で。f:id:kJane:20170728060930j:image

 常連客の方々がとても親切で、私達の座った席は島1番の席だよって。ありがたいな。皆さん、日に焼けていい色。スノッブな雰囲気なのに親切。店の生演奏も始まり、気持ち良い夕べだった。