アムゼル日記

Black bird is singing in the dead of night.

静かな休暇はデンマークで

  昨年末はドイツの国境からチョコっと北東にに上がったアルス島で過ごした。ドイツの大都市の大晦日は爆竹が昼からあちこちでなっていて嫌い。最悪なのはポーランド爆竹。戦争で空爆にあっているような、情緒のかけらもないただのバカ騒ぎ。許可するのは観賞用花火だけにして欲しい。

  直前に宿を探したので選択肢はあまりなく、Nordborgの風車の見えるB&Bをオーガニックの朝食付きで3泊予約。この辺りは別荘を借りて自炊する人が多いそうで、レストランは充実していない。美味しそうなお肉屋さんがあった。ずっと雨続きで散歩にもろくに行けず、寝てばかり。本当によく寝た。

  楽しかった、素敵だったことを記録しておきたい

  雨が一時止んだ朝、空がオレンジ色に染まり始めたので、風車のある丘の上へ上がった。空はどんどん燃え始め、素晴らしい朝焼けが広がった。

f:id:kJane:20180109055716j:imagef:id:kJane:20180109055727j:imagef:id:kJane:20180109055749j:imagef:id:kJane:20180109055623j:image

  Nordborgには素敵な週末の隠れ家的ホテルがある。Dyvig Badehotel。見学を兼ねてお茶とケーキをいただくつもりが、ニシンのスモーブローをメニューに発見し、合う飲み物としてデンマークビールTuborgを選択。甘いマスクで親切なウェイターとヴィンテージ感たっぷりの建物と内装に酔いしれた。デンマークで出会うウェイター、ウェイトレスは皆若くて純粋で愛想が良く親切。ドイツではそうそうお目にかかれない。

f:id:kJane:20180109061142j:imagef:id:kJane:20180109061206j:image

  宿泊したB&Bのオーガニック朝食は質が良く、普段ジャムを食べない私もつい毎日手が出てしまった。f:id:kJane:20180109061528j:image

左からミラベル(西洋スモモ)、ブラックベリー、オレンジマーマレード、白いハチミツ。どれもとっても美味しい!!!量は決して多くなく、りんごも不恰好。全て自然のままで、丁寧に生きるってこういうことかなあ〜と感心した。

   雨ばかりですることもなく、夜のドライブへ出かけてみた。ちょっと近くの灯台まで。海へ向かう道は畑の中の細い道。民家はすぐになくなり、何かお地蔵さんのようなオブジェが立っていてスプーキー。やがて両脇は低木の壁が続き、暗闇を車のライトだけで進むのでまるで迷路に続くトンネル。冒険気分でワクワク、ドキドキ。車は林の中へと泥んこになりながらゆっくり進む。灯台は目の前というところで、車道が終わり、ぬかるんだ歩道。灯もなく、灯台までの距離もよく分からず、ここで退散。

  翌日は日中に他の道を通ってTaksensand fyr(タクセンサンド灯台)へ。f:id:kJane:20180109064030j:image

  夏にまた来たいな。  

 メインイベントの年越し。風車の丘へ登って、乾杯。個人的に上げている各家庭の花火が360度見える。慎ましやかな賑やかさ。

 年が明けてもデンマーク気分は続く。今日の夕食はカレー味のニシンの酢漬けでスモーブロー。ビールもデンマークでカールスバーグ。パッケージに惹かれて買ったMatilde(マチルデ)ちゃんは、大きすぎてまだ手つかず。

f:id:kJane:20180109074009j:imagef:id:kJane:20180109074011j:image