アムゼル日記

Black bird is singing in the dead of night.

Bopparder Hamm ワインハイキング

f:id:kJane:20180803033916j:image
f:id:kJane:20180803033921j:image
毎年4月の最終日曜日にライン川沿いのワイン産地、Bopparder Hamm(ボッパーターハム)で開催されるワインハイキング。2009年にBoppard出身の友人に話を聞いてから、4回目の参加。毎回お天気に恵まれ、美しい景色と、前年のワインの出来を楽しんできた。毎年、毎回、味も色も違って、今年の自分のお気に入りを見つける喜び。とびきり美味しいワインに出会えるわけではないが、寒いドイツでも太陽の恵みを受けて育ったぶどうに地元の方々が愛情を注いで生まれた心温まるイベント。f:id:kJane:20180501141716j:image

 

朝10時、Boppard駅からスタート地点とゴール地点への無料シャトルバスが運行開始。どちら側から入っても良いため、途中真ん中の地点が大変込み合う。Spay駅から徒歩で始めることもできる。

 

地元のワイナリー11店の他、サラミ屋さん、カフェ、窯焼きパン屋さん、ソーセージ屋さんが5kmのワイン畑の道に並んでいる。道は舗装されているので、ハイキングというよりは散歩に近い。ワイナリーによってはおつまみを販売しているが、地元の人々はチーズやハム、オリーブなど自分の好きなおつまみ持参で来る。フルーティなものが多く、スッキリ辛口ミネラル系が好きな私はGrauburgunder とWeiß Burgunder責めに集中。残念ながらお気に入りは見つからなかった。

 

 今回マナーの悪い若者が目立って多かった。ワインで豊穣の恵みを楽しむというよりは、酔えればなんでもいい子供たち。パーティ音楽をスピーカーで鳴らし、トイレに並ぶ余裕もなくワイナリーの葡萄畑で用を足す。下半身丸出しでハイキング道へ向かって尿を垂れ流す女子にはショックを受けた。年々参加者は増えているそうで、それと共に地元の人たちの足は遠のいていく様子。残念。